クリームの災難

誤飲による急性肺炎&気管支炎になったクリームを



次におそったのは



左側顔面(獣医さんによると首から顔にかけてらしい)打撲による




顔面麻痺でした






推測するに、飼い主のベッドでクリームが寝ていたところ



ルンバがゴミ箱を押して



ベッドにくっつけている「クリーム用の階段」の辺りにぶつかった模様(汗



クリームは降りようとしたところだったのか



はたまた、単に寝ていてビックリしたのか、どうやらベッドから落ちた様子(大汗




飼い主は見ていなかったのですが、



2階にあがったところ



クリームが粗相をして仁王立ちの不思議な出で立ち・・




顔を見たら、左目が垂れ下がってる




「ク、クリームッ



と、またまた血相を変える飼い主




ソッコー、獣医さんに駆け込み



注射を打ってもらったら1,2時間したら目が開いてきました。




でも、白内障を併発しているからよくわかるんですが



真ん中の瞳が丸くならないでハート型になっています



獣医さんは「外傷なら麻痺は治るから大丈夫。でも虹彩(瞳の周りの部分)の萎縮は



加齢によるものだから、治らないよ。人間も一緒だよ~」



と言うけれど、、



顔面麻痺になるまでは、白いからよくわかるのですが、確かに丸かったのです・・



毎日、毎日、お祈りをして



「お目々のハートが治りますように!」



と神経損傷中でリハビリ中のクリームを介護しながら過ごして6日目。



朝見たら



「おお!ハートが治ってる!!」



と何度も見てしまった飼い主




画像


(画像は記事と関係ないよ




クリーム的には



お姫さまように扱われて、お散歩も控えるようにと言われてカート生活なので



超ご機嫌





画像


(やっぱり記事に関係ないよ)




ハートのお目々のクリームをコワくて写真撮れませんでしたので



関係ない芝桜写真を連発します・・・




画像





リハビリ中のお散歩は毎回カートなので



折りたためて自立式のカートを買いました




オトモダチは、クリームばかり最近チヤホヤされるので



おもしろくないようで



大スネモードになっています(女コワし




お散歩もいつもは飛び跳ねて歩くのに・・



ふてくされたようにカートの横でダラダラと歩いてます・・(先頭じゃないのが気に入らない模様)




しかも。




クリームが2階に寝に行くと飼い主一人締めでなんだか元気です




画像





犬の気持ち+女の子の気持ちが混合して



「最近、年頃の女の子でもいったけかな?うち」



みたいな家庭内モードなっております~




次回は遠出の続きに戻ります(戻れるといいなァ)

"クリームの災難" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント